楽なバイトの探し方、募集、求人情報

 

裏バイト情報 履歴書不要!ガッツリ稼げる!!

楽なバイトとは?

楽なバイトとはどのようなアルバイトなのだろう?楽なバイトの楽は、接客しなくていいので楽、他人に気を使わないので楽、ノルマがないので楽など色々な意味が含まれていると考えられます。

また、人によっては犬が好きだからペットシッターのバイト、食べ歩きが好きだから飲食店の覆面調査員のバイトといったように、自分の好きなことをできるアルバイトや楽しめるアルバイトを楽なバイトと感じる人もいるでしょう。


しかし、一般的に「楽なバイトを探してる」という人の求めている楽なバイトとは、暇で仕事量が少ないアルバイトや肉体的に楽なアルバイト、仕事量に反して稼ぎのいい割のいいバイトなどのことをさしていることが多いのではないでしょうか。

もっといえば、楽なバイトはそこにいるだけのバイト、さらには立っているのではなく、座っているだけのアルバイトを意味しているのかもしれません。


ただし、人の価値観は様々ですから、暇なバイトは死ぬほど退屈で辛いと思う人もいるように、楽なバイトと感じるアルバイトは人それぞれ違ってくるものだと思います。

よく選挙関係のアルバイトは時給1000円以上の高時給でおいしいといわれますが、選挙立会人のバイトなど確かに座っているだけですが、仕事柄姿勢も崩せず長時間座っているのは大変辛くて二度とやりたくないと言っていた主婦もいました。

逆に同じ選挙立会人のバイトをしても、休憩も多く、夕食付で1万5千円はおいしいと感じる人もいるのです。


そして、同じ暇なバイトでも室内、屋外で条件が異なってきます。例えば、交通量調査のバイトは楽なバイトと思う人と退屈で辛かったという人に意見が分かれると思われますが、そもそも屋外のアルバイトは雨や雪の日もあり、猛暑、寒さなど天候に左右され、条件によっては暇でも辛いバイトになることもあるでしょう。

さらにモデルルームの道案内をするモデルルームの看板持ちのバイトなどは、モデルルームのスタッフとして働くためスーツ着用でだらけることもできず、立ちっぱなしの仕事。これでは、どんなに暇でも楽なバイトとはいえないのではないでしょうか。


やはり楽なバイトの条件に室内は必須なのでは?と思います。室内で仕事量の少ないバイト選びのポイントは、やはり来客の少ない職場探しでしょう。来客の少ない住宅展示場、ショールーム、歯科医院、さびれたショッピングモール、などの受付や人気のないビリヤード場、バッティングセンター、テーマパーク、文化ホール、遊園地のスタッフなどなど、なるべく人気がなさそうな職場の求人を探すことが楽なバイトを見つける近道となるでしょう。


更に、来客の少ない職場といえば深夜のバイトが狙い目でしょう。深夜のシティホテルや病院の夜間受付、夜間警備員のアルバイトなど、夜間は楽なバイトの宝庫ですので深夜バイトを中心に情報収集してもいいでしょう。

楽しく稼げるビジネス教材!「せどりの眼」